カッティングシールの剥がし方

カッティングシート切り文字剥ぎ方_注意点

手で剥がそうとするとちぎれたり、跡がきたなくなって剥がしにくい…
そんなときはこのページで紹介している方法をお試しください!

切り文字剥ぎ方_注意点

・これからご紹介する方法は、貼り付け面の材質によっては表面を傷つけるおそれがあります。最初に目立たない部分でテストするなどご注意ください。
・一度完全に貼り付けた切り文字を剥がして再利用するのは、シートが伸びていたり、切れたり、糊の粘着力も落ちているのでおすすめできません。

カッティングシールをきれいに剥がすには

1.ドライヤーであたためる

カッティングシート_切り文字剥ぎ方1

ドライヤーであたためながら、ゆっくりと、少しずつ剥がしていきます。※温度の目安は「手でさわれるくらい」です。
火傷には十分に気をつけてください。

2.シート部分を取り除く

カッティングシート_切り文字剥ぎ方2

シート部分が剥がれました。
次は貼り付け面に残ったのりを取り除きます。

3.シール剥がしを使う

カッティングシート_切り文字剥ぎ方3

のりが残っているところにシール剥がしを吹きつけます。指でなじませてから、タオルなどでギュッとぬぐい取るように拭きます。
※ゴシゴシこすると、一度取れてタオルについたのりがまた元の貼り付け面に戻ってしまい、いつまでもきれいになりません。
☆灯油も使えます
灯油を布に染み込ませ、のりの残っている部分をぬぐうように拭いてください。

4.きれいになりました

カッティングシート_切り文字剥ぎ方4

★剥がしたところに新しくシールを貼る場合は、残ったシール剥がしや灯油の油分が、新しいシールの貼り付きを悪くします。
台所用中性洗剤水を水で薄めた『洗剤水』で拭き掃除をすると、油分が落とせます。


カッティングシート_剥がし方道具

☆カッティングシールが経年劣化して指では取りにくい場合は、スケッパーやスクレイパーをお使いください。ただし、これらの道具は貼り付け面の材質によっては表面を傷つけるおそれがあります。最初に目立たない部分でテストするなどご注意ください。


カッティングシールの製作事例を見る

『こんなもの作れる?』『データ作成やデザインから頼みたい』など、お客様の相談に専属スタッフが対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

▲ デザインなど参考になる事例を多数掲載

▲ 作るものが決まっている方はコチラ

▲ まずは相談、お問い合わせがある方はコチラ

>切り文字屋オッケイHPトップへ